2018/09/18

なかなか改善しない坐骨神経痛の原因とは!?

 
なかなか改善しない坐骨神経痛。その原因とは!?

この記事を書いている人 - WRITER -
ボディメイク整体フィジオは、ただ治療するだけではありません。 痛みの根本的な解決を行うために、あなたに最適な治療プランをご提案させていただきます。 また、触診による判断。姿勢測定器を使った測定と分析。いずれも冷静に科学的、運動学的な視点で症状を捉え、あなたにわかりやすくご説明することをお約束いたします。
詳しいプロフィールはこちら
  • 立っている時
  • 歩いている時
  • 座っている時
  • 寝ている時

「どんな姿勢になっても腰からお尻・もも・ふくらはぎ・足先のあたりまで痺れるように痛む、、、」

 

このように、下半身が毎日痺れて痛むような状態では、日々の生活でストレスが溜まりますよね。

 

あなたは既にご存知かもしれませんが、このような症状を「坐骨神経痛」と言います。

 

今回ボディーメイク整体フィジオでは、「なかなか改善しない坐骨神経痛の原因と予防・対策」についてお話していきたいと思います。

 

是非、参考にしてみて下さい。

1.なかなか改善しない坐骨神経痛の原因とは?

なかなか改善しない坐骨神経痛。その原因とは!?

上でも述べましたが、坐骨神経痛とは腰から足先まで痺れるように痛くなる症状のことです。

 

ですから、坐骨神経痛とはあくまで症状の名前であって、痛みを感じる原因はまた別にあるということになります。

 

坐骨神経痛になる原因で多いのは、以下3つです。

 

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 梨状筋症候群

1-1:腰部脊柱管狭窄症

一般的には背骨と呼ばれていますが、医学名称は脊柱です。

 

脊柱にはトンネル状の空洞部分があり、その中には脊髄神経が通っています。

 

ちなみに坐骨神経は、脊髄神経(腰神経叢)から分岐しています。

 

脊柱管内が狭ることで、中を通っている脊髄神経が圧迫された状態が「腰部脊柱管狭窄症」です。

 

脊柱管が狭くなる原因としては、骨や椎間板の変形・背骨を支える靭帯の肥厚などがあるようです。

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症になると、下半身の痺れや痛み或いは、知覚麻痺などの症状が現れます。

 

間欠性跛行といって腰部脊柱管狭窄症特有の症状もあります。

 

これは痛みや痺れを強く感じるために、継続的な歩行が困難になってしまうことです。

 

そのような兆候が現れた場合には、坐骨神経痛の原因が脊柱管狭窄症である可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

ちなみに、確定診断にはMRI検査を行う必要があります。

1-2:腰椎椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間には、クッション性に富んだゼリー状の椎間板という軟骨が存在します。

 

その椎間板内の髄核と呼ばれる物質が、後ろに飛び出して神経を圧迫してしまった状態が腰椎椎間板ヘルニアです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの場合も、神経が圧迫されることにより腰痛、下半身の痛みや痺れ、知覚麻痺などの症状が現れます。

 

ひどい場合には、足が動かせなくなってしまう事もあるようです。

 

こちらも、MRI検査を行うことで確定診断が可能です。

1-3:梨状筋症候群

梨状筋とは、お尻の奥深くに存在する筋肉のことです。

 

坐骨神経は脊髄神経から分岐後、骨盤から出て梨状筋の下を潜るようにして足の方へと伸びていきます。

 

本来ならば梨状筋は柔らく保たれていますが、何か問題があって過度の緊張を起こしてしまった場合に、

 

坐骨神経を圧迫してしまい、下半身の痺れや痛みをきたすことがあります。

 

そのような症状が梨状筋症候群です。

 

梨状筋症候群の場合は、長時間座っていると痛みを強く感じますが、歩きだすことで痛みが和らぐこともあるようです。

 

MRI検査を行っても坐骨神経痛の原因がはっきりしない時は、梨状筋症候群の可能性が高いかもしれません。

2.予防・改善に必要なこと

なかなか改善しない坐骨神経痛。その原因とは!?

坐骨神経痛を予防・改善する為には、腰やお尻周りの骨・関節・筋肉に負担を掛け過ぎないよう注意しなければなりません。

 

方法としては、

 

  • 普段から正しい姿勢を心掛ける
  • 重たい物は、なるべく一人で持ち上げない
  • 肥満にならないよう適正体重を維持する
  • 前屈みや中腰姿勢を長時間とらない
  • 足腰の痛みが強い時は、安静にする

 

などがあります。

 

また、少しでも背骨がストレスや衝撃に耐えられるように普段から足腰の筋肉を鍛えておくことをお勧め致します。

 

筋肉の緊張が強くならないように、ストレッチを行うことも大切です。

 

しかし、最も重要なことは、あなたの坐骨神経痛の原因を特定すること。

 

そのためにも坐骨神経痛が長引いている場合は、必ず最初に整形外科に受診するようにして下さい。

 

なぜなら、痛みの原因によって対処法や治療法が変わってくるからです。

 

運動やストレッチを行う際にも、必ず専門家の意見を聞いてから行うようにして下さい。

まとめ

ひとえに坐骨神経痛と言っても、その原因や対処法は様々です。

 

大切なことは、まず原因をハッキリとさせること。

 

原因がわかったら、改善に向けた正しい治療・運動・ストレッチなどを行っていくことです。

 

特に腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアでは、整形外科で治療を行うことが最優先のケースも少なくありません。

 

足腰の強い痛みや痺れで悩んでいるのであれば、まず最初に整形外科に受診するようにしましょう。

 

整体や接骨院に通うのは、それからでも遅くありません。

 

あなたの坐骨神経痛が早く改善することを心から願っております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ボディメイク整体フィジオは、ただ治療するだけではありません。 痛みの根本的な解決を行うために、あなたに最適な治療プランをご提案させていただきます。 また、触診による判断。姿勢測定器を使った測定と分析。いずれも冷静に科学的、運動学的な視点で症状を捉え、あなたにわかりやすくご説明することをお約束いたします。
詳しいプロフィールはこちら